外国人技能実習生の受け入れを支援し、日本企業と東南アジアの発展を推進します。

介護の技能実習生を受け入れるなら!


協同組合

ウェル国際技能協力センター

遠隔授業システムを使った介護の基礎知識の授業の様子

ウェル国際技能協力センターでは、次の介護技能実習生の入国日を来月に控えていま
す。
現在、入国を待つ技能実習生は、ウェルの介護教育プログラムを開始しました。
5月20日から、遠隔授業システムを使った介護の基礎知識の授業を行っています。
動画教材やオリジナルのテキストを使い、
「介護の仕事はどんな仕事か」「何を身につけなければならないか」といった導入か
ら、
「感染症予防」「チームケア」「自立支援」「認知症や終末期の理解」といった基礎
知識を学びます。
講師は、介護職経験のあるベトナム人職員が努めます。
実習生たちは、熱心に授業を聞き、多くの質問の出る活発な授業になりました。
なお、6月3日からはベトナム現地に介護講師を派遣し、
現地での出先授業を行います。
こういった入国前の介護教育を行うことによって、
意欲の高い、そして基礎を身につけた技能実習生を施設様に送り出しています。


IMG_1338.JPG

この記事へのコメント